什器(店舗家具等)を既製品ではなくオリジナル(オーダーメイド)で作成するメリット

2023/12/15 ブログ

 

①はじめに

●店舗家具の重要性

 

近年、消費者の購買行動が多様化し、店舗の競争が激化しています。

 

そのため、単に商品を販売するだけでなく、店舗自体が持つ空間や雰囲気が、顧客にとって重要な要素となっています。

 

そこで重要となるのが、店舗家具であり、これは店舗の顔とも言える存在です。

 

例えば、カフェでは、オリジナルのテーブルや椅子が印象的であれば、顧客はその雰囲気に惹かれ、リピーターになる可能性が高まります。

 

●既製品とオリジナル(オーダーメイド)什器の選択肢

 

店舗家具の選択には、既製品とオリジナル(オーダーメイド)の2つの選択肢があります。

 

既製品は、市場で一般的に販売されている家具であり、手軽に入手できる利点があります。

 

一方、オリジナル什器は、オーダーメイドで作成されるため、店舗のイメージや空間に合わせてデザインされます。

 

例えば、和食店であれば、伝統的な日本のデザインを取り入れたカウンターやテーブルをオーダーメイドで作成することで、その店舗の特徴を際立たせられます。

KIMG1997.JPG

②メリット、デメリットについて

 

●オリジナル什器のメリット

 

▲個性的なデザイン

 

オリジナル什器は独自のデザインを実現できます。

 

例えば、アートギャラリーのオーナーが、展示作品と調和する独特なデザインのディスプレイ棚を作成することで、来場者に強い印象を与えられます。

 

▲スペース効率の最適化

 

オリジナル什器は、店舗のスペースに合わせて設計できるため、効率的な空間利用が可能です。

 

例えば、小さな書店で階段下のスペースを有効活用するために、オリジナルの本棚を作成することで、限られたスペースを最大限に活用できます。

 

▲お客様の購買意欲の促進

 

オリジナル什器は、魅力的なデザインや機能性によって、お客様の購買意欲を促進できます。

 

例えば、洋菓子店がオリジナルのショーケースを作成し、商品が目立つようにデザインすることで、顧客の興味を引きつけ、購入につなげられます。

 

●オリジナル什器のデメリット

 

▲イニシャルコストが高い

 

オリジナル什器は、設計や製作のコストが高くなることがあります。

例えば、レストランのオーナーが、職人による手作りのオリジナル家具を注文する場合、既製品に比べて初期費用が高くなることが予想されます。

 

▲製作時間が長い

 

オリジナル什器は、設計から製作まで時間がかかることがあります。

 

例えば、美容室のオーナーが、特注のオリジナルミラーを作成する場合、製作に数週間から数ヶ月かかることがあり、開業までのスケジュールに影響を与える可能性があります。

KIMG2098.JPG

 

●既製品什器のメリット

 

▲イニシャル費用が低コスト

 

既製品什器は、市場で一般的に販売されているため、イニシャル費用が比較的低くコストに抑えられます。

 

例えば、新しく開業する小規模なカフェのオーナーが、既製品のテーブルや椅子を購入することで、オープンに必要な資金を抑えられます。

 

▲スピーディな導入

 

既製品什器は、すぐに購入して使用できます。

 

例えば、短期間で店舗リニューアルをしたいアパレルショップのオーナーが、既製品のディスプレイ棚を購入し、迅速に展示スペースを整えられます。

 

●既製品什器のデメリット

 

▲一般的なデザイン

 

既製品什器は、市場で一般的に販売されているデザインであるため、他の店舗と差別化が難しいことがあります。

 

例えば、個性的な雰囲気を求めるバーのオーナーが、既製品の家具を使用すると、顧客に新鮮な印象を与えにくくなる可能性があります。

 

▲スペース効率が低い場合も

 

既製品什器は、自分の店舗にピッタリと合うサイズや形状が見つからない場合があります。

 

例えば、不規則な形状の壁面にフィットするディスプレイ棚が市場にない場合、既製品を使用するとスペース効率が低くなり、無駄なスペースが生じることがあります。

 

▲品質や耐久性のばらつき

 

既製品什器は、製品によって品質や耐久性にばらつきがあることもあります。

 

例えば、安価な既製品家具を購入したレストランのオーナーが、短期間で家具が劣化し、交換が必要になることで、結果的にコストがかさむことがあります。

KIMG1856.JPG

③オリジナルで作成したほうがいい人

 

●個性的なブランドイメージを築きたい人

 

オリジナルの什器を選ぶことで、他とは一線を画す個性的なブランドイメージを築けます。

 

例えば、オーガニックカフェのオーナーが、環境に配慮したリサイクル材を用いたオリジナル家具を作成することで、そのコンセプトを強調し、顧客に印象付けられます。

 

▲狭いスペースや特殊な形状の店舗を持つ人

 

既製品では対応しきれない、狭いスペースや特殊な形状の店舗を持つ人にとって、オリジナル什器は有効な選択肢です。

 

例えば、非常に狭い路地裏にあるバーのオーナーが、限られたスペースを最大限に活用するために、オリジナルのカウンターや収納家具を作成することで、効率的な空間利用が可能となります。

 

▲高級感や品質重視のビジネスを展開する人

 

高級感や品質にこだわるビジネスを展開している人にとって、オリジナル什器はその価値観を反映させる上で重要です。

 

例えば、高級ブティックのオーナーが、上質な素材と独自のデザインを取り入れたオリジナルのディスプレイ棚を作成することで、商品の価値を高め、顧客に高級感を提供できます。

KIMG1870.JPG

④ まとめ

 

本記事では、什器(店舗家具等)を既製品ではなくオリジナル(オーダーメイド)で作成するメリットとデメリットについて解説しました。

 

オリジナル什器は、個性的なデザインや効率的な空間利用が可能で、ブランドイメージを強化できます。

 

最終的には、店舗のコンセプトや予算、スペースの条件などを総合的に考慮し、オリジナル什器と既製品什器のどちらが自分のビジネスに適しているかを判断することが重要です。

 

最適な什器選びによって、店舗の魅力を最大限に引き出し、お客様の満足度を高められるでしょう。

 

  • 実績